ブリヂストン

大会レポート

片岡大育からのアドバイス

ボールは右足の前。アドレスの位置に手を戻す!

ポイントはボールが右足の前にくるように立ち、体が左に傾かないよう左足体重でアドレスすること。この構えで手首を使わずに振ればグリーンに乗ります。

Step1
両足を揃えて立つ。ボールの位置は右つま先の前あたり。ボール位置が真ん中だとミスしやすいが、左にありすぎても打ちにくくなる。構えたら体重を左足に乗せるが、この時、体全体が左に傾かないように注意する。

Step 2
ボールの位置が右つま先の前になると、アドレスした時に自分から見て、手元がボールよりも左にくるハンドファーストの構えになるが、これが正しい形。

Step 3
手先でヒョイとクラブを上げない。手首の角度が変わらないように、体の回転で打つイメージでテークバックしたら、打ち急がずにゆっくり手をアドレス時のポジションに戻すつもりで振る。