ブリヂストン

選手インタビュー

10月22日

時松 隆光選手

Q1:日曜日をプレーしないで優勝が決まりましたが

そうですね。残念です。でも優勝は優勝なので率直に嬉しいです。

Q2:中止決定が6:45でしたが、すぐに聞きましたか?

そうですね。JGTOの方に電話を頂いて。

Q3:プレーする準備はしていましたか?

起きてシャワーを浴びたりしていました。そこから準備をしようと思っていたら電話がありました。

Q4:電話で中止決定を聞いた時

嬉しかったが、やりたかったというのもありました。

Q5:昨晩の気持ちは?

特にないですね。歳が近いプロ達とご飯に行って、軽く飲んだら気持ちよく寝れました。

Q6:誰と行ったのですか

九州なので、秋吉翔太くんと出水田大二郎、香妻(陣一朗)ですね。途中から川村(昌弘)が来ましたね。

Q7:その場で「おめでとう」と言われましたか?

言われて、結構飲まされました(笑)。

Q8:飲みそうなメンバーですね

皆強いので。僕は弱い方なので、結構気持ち良かったです。

Q9:何を飲みますか?

麦焼酎ですね。緑茶割で。ワインとかはあまり飲めないですね。僕ともう1人でボトル1本も空いていないくらい。僕は半分くらいですかね。記憶はありました。

Q10:1勝目と比べて、2勝目の重みはありますか?

今回も運で勝ったようなものなので。もちろん嬉しいですが、1勝目は運で2勝目は実力と言いますが、僕の場合は両方運だったので。次は72ホールをしっかりやって3勝目を挙げることを目標にしたい。まだ今年の(残り)試合があるので、もう1回優勝争いができれば良いなと思います。

Q11:最近は力が付いてきていると感じますか?

9月からは良い状態なので、力が付いてきていると思います。

Q12:今大会の優勝でブリヂストンインビテーショナル出場権が与えられましたが

PGAツアーの選手達と戦うという発想がなかったので。結果は見えていますが(笑)、せっかく出れるのでドベにはなりたくないです。優勝争いとかは無理かもしれませんが、自分のゴルフを、というよりは何が足りないのかを見たい。まぁ1番は距離ですが、プレースタイルやマネジメントを見てみたいです。

Q13:日本ツアー以外の海外ツアーは初ですか?

無いです。まずそれに出られるのが嬉しいです。

Q14:ボールを替えたのはいつですか?

輪厚(ANAオープン)の週の水曜日に替えました。少し飛ぶ気がしますが、しっかりとスピンも入ってくれていたので。前はナイキさんにお世話になっていましたが、その前がツアーステージさんにお世話になっていたので、フィーリングとかは慣れていたのかもしれないです。そこから優勝争いができたので、間違いなく僕には合っていると思います。そこからずっと使っています。

Q15:ナイキが撤退しましたが、時松選手のクラブ選びは?

今年はフリーなのですが、どのクラブも良く感じてしまっています。結局どれがいいかわからなくなる。フリーの立場でフル参戦して、色々なメーカーさんからも是非試打して欲しいということで、打たせてもらっていましたが、どれも良くて、悩みます。今はドライバーとアイアンがミズノなのですが、手嶋(多一)さんにすすめてもらって合っている感じです。調子も良いので、しばらくこれを使わせてもらおうと思っています。

Q16:スランプ脱出のきっかけは?

ボールを替えただけですね。これまでは(スピンで)止まる方を重視していましたが、今使っているのはブリヂストンさんの硬い方です。どちらかというとディスタンスの方のボールですが、50ヤードとか100ヤードでもしっかりスピンが入ってくれます。

Q17:今季の目標は?

JTに出るのが今週までの目標でしたが、出られそうなので。また優勝争いがしたいです。

Q18:去年初出場のJT

去年はドベ、30位だったのですが、順位というよりは日本の30人に入るのは去年やっていても楽しかったし、嬉しかったです。

Q19:ブリヂストンインビテーショナル出場権が与えられましたが、誰のプレーを見てみたいですか

ザックジョンソン。飛距離が出ないのに、ずっとその舞台で戦えているので。あとはダスティンジョンソン。100ヤードくらい置いていかれそう。そういうのも見たいですね。

Q20:ディフェンディングチャンピオンは松山選手ですが

素晴らしいと思います(笑)。

Q21:“やってやるぞ!”といった想いは?

ないですね。出るのに意義があるので。自分のゴルフをしますが、見る機会がないので、色々な選手を見たいですね。

Q22:練習ラウンドを申し込んでみては?

あわよくば、ご一緒したいですね。

Q22:前回、本大会短縮競技で優勝されたのが青木会長ですが、何かお言葉をかけていただけましたか?

その時の2日目(2Rが行われた3日目)が63で、(トータル)10アンダーだったそうで「お前は1打(俺に)負けているからな」と言われました(笑)。

※1991年(第20回) 優勝:青木功 パー72
1日目:71
2日目:-
3日目:63
4日目:-
TOTAL:134(-10)

清水 大成選手(アマ)

Q1:ベストアマおめでとうございます。

ありがとうございます。

Q2:中止については?

やりたいなとは思っていましたけど、9割がたないだろうと思っていました。

Q3:起きた時間と来た時間は?

6時半くらいに起きて7時半くらいに着きました。

Q4:昨日は耐えたゴルフ? 36ホールの総括は?

トップ10に入れたことは素直に嬉しいです。2日間ではありますけど自信になります。

宮里 優作選手手

Q1: 残念でしたね

そうですね。ある程度予想は出来てたけどね。予報の通りだとちょっと厳しいかなと。昨日と一昨日で流れが作れなかったのが残念ですね。

Q2:昨晩はどんな気持ちでしたか

やるかもしれないというのは頭に入れて、普段通り準備をしていました。(今日)ホテルを出る時に中止となりましたが、しょうがないですね。

Q3:選手会長として

2日間競技でしたが、スポンサーの方や、運営、ボランティアの人は本当に大変な1週間だったと思います。準備などが2転3転してしまって。ギャラリーの方も大変だったと思います。その中で競技成立に向けて色々な方が動いてくれたので。選手もサイン会などで協力を頂いたので、トーナメントを盛り上げるために皆さんの力を貸していただけたのが有難かったです。

Q4:選挙は期日前投票などで行きましたか

行けなかったですね。妹(藍)は行ったらしいですけどね(笑)。